在日ジンバブエ共和国 特命全権大使をお招きし、講演会を開催

公益財団法人早稲田大学 YMCA(信愛学舎) 在日ジンバブエ共和国 特命全権大使をお招きし、講演会を開催

公益財団法人早稲田大学YMCA(通称:早大YMCA、代表理事 東條隆進 早稲田大学名誉教授、日本宣教学会初 代会長)は、在日ジンバブエ共和国 特命全権大使:タイタス・メリスワ・ジョナサン・アブ-バスツ 閣下を お招きしして講演を開催いたします。 

昨年 11 月には当法人の前身である早稲田大学基督教青年会の設立 130 周年記念講演会を開催いたしました。今 年は、いま学生の世代がグローバル時代の市民社会において価値発揮するにあたり、今聞くべき、知るべきこと を語っていただける方として大使をお招きできることになりましたことを感謝いたします。 
アフリカ大陸・ジンバブエ共和国。あまりなじみのない国かもしれません。植民地時代を経て独立した、様々な 政治・経済の課題を経験している点で日本の大学生の未来にとって示唆深い国です。37 年続いた長期政権、政治 介入、豊富な鉱物を産出しながらも改善できない貿易赤字、海外資本の流入、ハイパーインフレ、飢餓や貧困、 クーデター、そしてこれからの政治・経済の目指す方向について大使の主観を交えて、ここでしか聞けないこと を講演していただきます。 他にも今後のジンバブエがどのように国を発展させていくのか、何が必要なのか、海外資本を取り入れる中で日 本が期待されることとは何か、小さな会場で質疑応答も交えるため、この講演会では濃密な経験が得られること でしょう。 
互いを知り、興味を持つことがきっかけになると考えております。 学内外、学生・社会人を問わず、多くの方にお集まりいただき、互いを知ることからはじめ、ともに磨きあう時 としたいと考えています。

■講演の概要

  • タイトル「HISTORICAL OVERVIEW OF ZIMBABWE: PAST, PRESENT CULTURE AND FUTURE./ジンバブエの歴史的概要:過去、現在の文化と未来」
  • 講 師 :ジンバブエ共和国 特命全権大使 タイタス・メリスワ・ジョナサン・アブ-バスツ 閣下 
  • 日 時 :2018年11月17日(土)10:30開場 11:00開会
  • 場 所 :早稲田大学YMCA会館 信愛学舎

(住所)東京都新宿区西早稲田 2−5−2

  • 費 用 :無料

■法人の概要

  • 名称 :公益財団法人 早稲田大学YMCA
  • 代表理事 : 東條 隆進
  • 所在地 : 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 2-5-2
  • URL : waseda-ymca.org
  • 本件に関するお問い合わせ先: 理事 渡邉規和 090-1606-0313 norikazuwtnb@gmail.com