基本理念

YMCA

YMCAは1844年、青少年の成長を願ってロンドンで誕生した団体です。現在では世界120の国と地域に広まり、約6500万人以上が活動する【世界最大規模の非営利団体】になりました。

学生YMCAは、YMCA活動の中で、全国の大学及び学生寮、また専門学校を拠点にした学生中心の活動です。現在、全国には10の学生YMCA寮を含め34のグループがあり、約450名の学生が参加しています。

私たち早稲田大学YMCAは、学生YMCAのなかに位置づけられています。

ミッションステートメント

私たちは、
キリスト教精神に基づき、学生寮「信愛学舎」を運営し、そこに集う学生に相互の健全な交わりと神への祈りをとおした人格の形成の場を提供します。

公益財団法人の趣旨に基づき、早稲田大学YMCA会館で聖書の研究、
学術セミナーなどを学生の他、一般の人も広く開放して開催し、
グローバル社会の市民文化の発展に寄与します。

グローバル市民の育成のために、イエス・キリストにおいて示された愛と奉仕の生き方にならって、地域社会と連携して次のことを実施します。

  • 私たちは、すべての人が生涯をとおして
    全人格的に成長するように願い、そのために努めます。
  • 私たちは、すべての命をかけがえのないものとして守り育てます。
  • 私たちは、一人ひとりの人権を守り、正義と公平を求め、
    喜びを共に悲しみ・痛みを分かちあう社会をめざします。
  • 私たちは、アジア・太平洋地域の人びとへの歴史的責任を認識し、
    世界の人びとと共に平和の実現に努めます。

私たちは、心(Spirit)、知(Mind)、体(Body)の調和ある成長を心がけます。

  • 聖書に学び、グローバル市民としての人格形成を行います。
  • ゼミ活動、芸術活動、講演会などを通して相互に啓発を続けます。
  • 囲難を抱える人々への支援などのボランティア活動を行い、現場での実践および人との交わりを通して学びます。

2018年2月24日
学生YMCA設立130週年を記念して制定