おすすめ

信愛学舎での新型コロナウイルス感染症対策について

 信愛学舎では新型コロナウイルス感染症対策について議論を重ねております。寮内での対策実施状況や、感染者が出た際の対応については下記の添付ファイルをご参照ください。

第6回「仕事の話をしよう」

だんだん風が涼しくなってきて秋の訪れを感じる季節になりました。
今回は、大好評企画「仕事の話をしよう」第6回のご案内です。

「仕事の話をしよう」企画とは?

本企画は、社会の第一線で活躍していらっしゃる先輩方を講師としてお招きし、自らのお仕事についてや、大学生活をどう過ごせばいいのかなどについて広くお話をお聞きしようというものです。就活の具体的なルールや技術ではなく、先輩方の仕事観やその意義、またどのような大学生活を送られていたのか、それが仕事とどう繋がったのかなど先輩方の生の声を聞ける有意義な機会です!

第6回のゲストは、三菱商事に勤務されている、市原康隆さんです!

〜経歴〜

早稲田大学理工学部卒業後、大手総合商社に入社、人工衛星関連ビジネスに携わった後、米国へのMBA留学を機に金融事業部門に異動。以後は同部門にて企業投資、M&A関連業務に従事。現在はASEAN企業に投資を行うファンド運営会社にCEOとして出向し投資事業全般を統括している。

〜お話の内容〜

商社の仕事は非常に分かりにくいという声をよく耳にしますが、社会人になってからこれまで商社で仕事をしてきた経験を通じて自分の感じている商社像や仕事の面白み、また商社の人材像、私自身のキャリアに対する考え方などについて紹介させて頂きます。

日時 9/21(火) 19:00~20:30
場所 zoom (参加申し込みされた方にURLをお送りします)
参加費 無料

貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
下記フォームより、参加お申し込みください。

第5回「仕事の話をしよう」

まだまだ暑く湿った夏が続いていますね。いつまで続くのでしょうか…
さて今回は、「仕事の話をしよう」第5回のご案内です。

「仕事の話をしよう」企画とは?

 本企画は、社会の第一線で活躍していらっしゃる先輩方を講師としてお招きし、自らのお仕事についてや、大学生活をどう過ごせばいいのかなどについて広くお話をお聞きしようというものです。就活の具体的なルールや技術ではなく、先輩方の仕事観やその意義、またどのような大学生活を送られていたのか、それが仕事とどう繋がったのかなど先輩方の生の声を聞ける有意義な機会です!

今回はライトヒアライトナウ合同会社代表の小泉雄さんです。

略歴

大学卒業後、遺跡調査のアルバイト、インテリア関連の輸入代理店事業の立上げ、ITコンサルティング会社を経て、2003年に株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア)に転職。コンサルティングサービスの立上げ、事業企画、事業開発業務に従事。インテリジェンス退職後、地方創生と感情解析技術に注力するIT企業にて新規事業開発に従事。 2016年 ライトヒアライトナウ合同会社を起業。https://rhrn.co.jp/

お話の内容

自分自身の仕事人生を振り返ってみて、学生時代に考えていた「はたらく」「社会人になる」ことに対しての漠然とした妄想や将来に向けての悪あがき、その後フリーターを経てサラリーマンになり、数回の転職、起業まで、年齢を重ねて徐々にわかってきたいくつかのダイジそうなことについてお話したいと思います。

<主な内容>
1. 学生生活:学生時代の過ごし方、私はどのように過ごしたのか バンド、劇団活動、大規模キャンプの運営、委員会…、いろいろやってみた、でも・・・
2. 職業選択:仕事の選び方、私はどのように選択してきたのか アルバイトとお金、就職活動、フリーター、そして会社員へ。何のために就職するのか、やりたいことを仕事にする?
3. キャリア:キャリアはどのように描くのか、私はどのように描いてきたか 新規事業の企画運営、コンサルタント(IT、業務、組織)、事業企画。そして再び新規事業から起業へ。なんでもやる課はどのようにできたのか。

日時 9/21(火) 19:00~20:30
場所 zoom (参加申し込みされた方にURLをお送りします)
参加費 無料

貴重なお話が聞ける機会です。ぜひご参加ください。
参加申し込みは下記のフォームより!みなさんのご参加をお待ちしています〜

2021年度「仕事の話をしよう」夏期集中講座

 いよいよ夏期休業に突入しました!早稲田大学YMCAは今夏も盛況に活動していきます。今回は「仕事の話をしよう」企画の特別会、夏期集中講座(3回)のご案内です。

「仕事の話をしよう」企画とは?

 本企画は、社会の第一線で活躍していらっしゃる先輩方を講師としてお招きし、自らのお仕事についてや、大学生活をどう過ごせばいいのかなどについて広くお話をお聞きしようというものです。就活の具体的なルールや技術ではなく、先輩方の仕事観やその意義、またどのような大学生活を送られていたのか、それが仕事とどう繋がったのかなど先輩方の生の声を聞ける有意義な機会です!

夏期集中講座

全ての会zoom開催、参加費は無料です

今回は3人の先輩方にご登壇いただきます。

①小林いくみさん (日時 8/24 13:00~14:30)

プロフィール
製薬メーカー勤務、国家資格キャリコンサルタント
キッズコーチングマスターアドバイザー
コーアクティブ・リーダーシッププログラム修了
青山学院大学「ワークショップデザイナー育成プログラム」 修了

略歴
医薬品メーカーにて人材開発業務に従事。インターンシップ・研修の企画・デザイン、社内ファシリテーター、企業内カウンセラーなどの仕事を担当。家族は主人、息子(4歳)、娘(1歳)の4人。家族、そして周囲の皆さんに支えてもらいながら働いているワーキングマザー。「自分の個性を解放してのびのびと生きていく社会を築いていく」をモットーに仕事・家庭・ボランティアなど様々な活動に取り組んでいる。

話すテーマ
①新卒採用歴10年の私がお伝えしたい3つの就活落とし穴
学生の質問や相談に応えていく中で、学生の皆さんが陥りがちな固定概念がいくつかあることに気づきました。その固定概念のうちで捨てたほうがいいよと思うものを紹介します。
②地方の老舗日系中小企業で働いてみえてきた7つの特徴
日系中小企業。これは日本にある会社数の中で最も多い部類になります。そんな日系中小企業で働く私が感じていることを全く言葉を選ばず忖度なしでお話しします。
③私の半生~こんな人生でもけっこう楽しく生きてます~
挫折、介護、借金、ニート、左遷・・・。いろいろあったけど、楽しく生きている私の人生、ちょっと語らせて頂きます。

②藤代康一さん(日時 8/25 19:00~20:30)

略歴
技術系コンサルティング会社を経て、2005年三井物産戦略研究所入社。地域創生プロジェクト等を担当の後、2011年、三井物産㈱次世代ビジネス創出タスクフォースを経て、経営企画部イノベーション推進室へ出向。2013年より戦略研究所 産業情報部に所属し、機械産業全般と中国DX産業を担当。2016年末から深圳を中心に、ベンチャー動向やモバイル決済動向の調査を実施。2019年5月‐11月中国/深圳に長期出張し、ヘルスケアDX調査を実施。 2000年早稲田大学社会科学部卒。

講義テーマ「絶望から希望へ」
早稲田大学在学中に、創造主たる神様との出会いを与えられ、聖書の世界観にどっぷり浸かった学生生活を経て、仕事中心の生活へ。現在、総合商社のインハウスシンクタンクに席を置き、中国新産業と日本企業の連携に向き合う日々も題材に、仕事と信仰についてご一緒に考えたいと思います。

(引用聖句)凡て労する者重荷を負ふ者、われに来れ、われ汝らを休ません。
                        (新約聖書 マタイ福音書11:28)

③佐藤健太郎さん(日時 8/26 19:00~20:30)

略歴
早大社学在学中から途上国に関心。就活で大失敗し、一時は夢をあきらめかけるが、文系理数科教師としてザンビアへ。その後、NGOに移り、パレスチナ自治区で教育プロジェクトに従事。現在はホテル学校の職員として進路指導を担当している。

   

講演テーマ
テーマは2つのパートでお話ししたいと思います。 前半が大学時代の経験から青年海外協力隊まで。 後半は青年海外協力隊、NGO経験を踏まえて、現在の仕事のやりがい。 前半はキャリアコンサルタント的に言えば、偶然を活かすという話になるかと思います。 それを受けて後半では現在の仕事とNGOでの経験のつながりを軸に話せたらと思います。(写真でなぜセロリと大根が一緒かもお話しします!)

参加される方は下記フォームからお申し込みください。多くの方のご参加をお待ちしております。

2021年度「仕事の話をしよう」企画について

 本企画は、社会の第一線で活躍していらっしゃる先輩方を講師としてお招きし、自らのお仕事についてまた、大学生活をどう過ごせばいいのかなどについて広くお話をお聞きしようというものです。就活の具体的なルールや技術ではなく、先輩方の仕事観やその意義、またどのような大学生活を送られていたのか、それが仕事とどう繋がったのかなど先輩方の生の声を聞ける有意義な機会です!現在、約1年かけて13人程度(全13回)の先輩にご登場いただく予定です。

 その第一回といたしまして、早稲田大学社会科学部卒の先輩でいらっしゃる渡邊規和さんにご講演いただきます。現在、パーソル総合研究所でトレーニングパフォーマンスコンサルタントとしてご活躍中です。演題は『ラーニングコンサルタントに聞く「学ぶ」と「働く」の間にあるもの』です。

 日時:7/29 19:00〜(1時間半程度)
 場所:オンライン開催(zoomリンクは参加予定者にお送りします)
 対象:大学生(一般の方もご参加いただけます)

 
 お申し込みは下記Googleフォームより、必要事項をご記入いただき、お送りください。期限は前日7/28の17:00までです。皆様のご参加をお待ちしております!

早稲田大学YMCAが開始する奨学金事業の支給者の決定について(通知)

2021年2月20日(土)午前9時に応募を締め切った奨学金事業について、審査の結果、支給対象者を決定しましたので、通知いたします。

支給対象:1名
支給対象者氏名:下山航輝
支給日及び支給方法:2020事業年度内に一括支給した

通知は以上です。 なお、2021事業年度も奨学金事業を実施予定です。 募集内容が決定し次第、当ページにて公告いたします。

以上

ZOE第8号を公開しました

こんにちは。信愛学舎M1で寮内誌『ZOE』編集部のSです。

今回、『ZOE』第8号を発刊しましたのでお知らせします(『ZOE』についてはこちらの記事を参考にしてください)。

今回は、新学期号ということで新しく入舎された1年生に自己紹介を書いて頂きました。また2年生に三浦綾子『塩狩峠』の感想を書いてもらいました。『塩狩峠』は今月の読書会でも読む予定です。

今年は10号の大台に乗せられますよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。ダウンロードはこちらからどうぞ。

目次は以下の通りです。

・『塩狩峠』を読んで
・2020年度早稲田大学YMCA映画会の記録
・2021年4月YMCA活動記録
・新入寮生による自己紹介
・このホラーがすごい! 第4回「平成が生み出したホラーの奇才:伊藤潤二の世界」
・モーツァルトの頭から溢れ出す音楽―『ジュピター』交響曲
・’今月の詩(ことば)


2021年度新入寮生・追加募集について

2021年度の新入寮生募集について、定員に達しなかったため追加募集を行います。

募集対象
・都内の大学に通う、新1年生、新2年生の男女。
・男性3名、女性2名。

面接日程
・4月14日、5月12日、6月9日、7月14日 いずれも19:00開始を予定しております。

面接日程に関して、ご都合のつかない場合または早期の入寮をご希望される方はご連絡をいただければ、検討させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

【告知】2月読書会のお知らせ

2021年の2月の読書会についてお知らせします。

2月の読書会は2回開催します。

1回目は、2月15日(月)の20時30分からで郡司ペギオ幸夫『天然知能』を読みます。

第2回は2月26日(金)の20時からラインホルド・二ーバーの『光の子と闇の子』を読みます。

信愛舎生以外の参加も可能ですので、ふるってご参加ください。

それでは、よろしくお願いいたします。

早稲田大学YMCAが開始する奨学金事業について

 早稲田大学YMCAでは今年度より新たに、奨学金事業を開始することが決定いたしました。東京都内で学業に従事している大学生を対象に、広く募集いたします。つきましては下記添付のファイルをご参照ください。応募締め切りは2021年2月20日(土)午前9時になっております。奮ってご応募ください。