信愛学舎

共同生活を通して成長できる、学生寮暮らし。

信愛学舎は早稲田大学の早稲田・戸山・西早稲田の3つのキャンパスから徒歩圏内にある学生自治寮です。勉強合宿や聖書研究などの様々な行事と共同生活を通して成長できる場所を提供してます。

学びと
成長の場

勉強合宿や聖書研究、読書会、映画会などの様々な大学・学部・学年の学生と学ぶ機会が豊富

大学や駅に
近い寮

早稲田・戸山・西早稲田キャンパスから徒歩圏内。早稲田駅と西早稲田駅からも徒歩10分以内

様々な場所から来る、多様な価値観を持つ学生同士が一緒に住む事は簡単なことではないですが、大事な経験になります。自分の思いを正確に伝える事と他人の言葉を聞く事、そして全員が納得できるまで話し合いをまとめる事を学びます。一人暮らしや実家暮らしではなかなか経験できません。

舎費+公益費(月額)

40,000円

アクセス

  • 東京メトロ東西線 早稲田駅より 徒歩約7分
  • 東京メトロ副都心線 西早稲田駅より 徒歩約10分
  • JR山手線/西武新宿線 高田馬場駅より 徒歩約15分

舎監の挨拶

 学生寮「信愛学舎」は、(公益財団法人)早稲田大学基督教青年会(早稲田大学YMCA)が運営する、学生の自治寮です。
 早稲田大学に、「学生の会」として登録している「早大YMCA」のメンバーが、楽しく共同生活しています。
 信愛学舎は、キリスト教精神を土台とした長い伝統を持ち、聖書研究やボランティア活動を通じて、互いの研鑽を積んでおります。
 また、2017年には、早大YMCAとして130周年の記念行事が執り行われました。
寮生活で、特に重視されているのは、聖書を土台とした開かれた対話です。そのため、月例・週例舎生会の場では、忌憚の無い活発な議論が行われております。
 「アパートで一人暮らし」を希望する学生が増える中で、敢えて「学生の自治寮」という形式で運営されているのは、寮生活がもつ豊かな可能性を大切に考えているためです。
 少子高齢化の日本では、「人付き合いが苦手な大学生が増えた」と言われ、ニート・ひきこもりといった現象が見られます。対人関係の中で自己を確立することが困難な現代だからこそ、仲間に囲まれ、共に寮運営を担い、生活レベルでの切磋琢磨しあう、寮生活・学生YMCA活動が求められるのではないでしょうか。
 長い伝統と自由な雰囲気が同居する信愛学舎は、あなたのご訪問をお待ちしています。

早稲田大学YMCA信愛学舎 舎監 石戸充

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。

第一コリント13:13

2020年度新入舎生募集

YMCA活動に精力的に活動してくれる方を募集中!

学生寮への入舎を希望される方は、①事前の見学、募集要項の確認②エントリーシート等の書類の提出をいただいたうえで、面接を受けていただく必要があります。

受験資格

  • 都内の大学に通う予定の方
  • 新学部1年生
  • 女性
  • 地方優先
  • 日本語でのコミュニケーションが可能

Students entering the dorm must be able to participate in meetings and activities; therefore, conversational Japanese is required.

※ 現在男性フロアの空室がないため、女性のみの募集を行なってます。


入舎までの流れ

①見学

まずは見学に来て下さい。現舎生が寮を案内します。見学は随時承っています。面接日の前に状況が困難な場合、面接当日の見学が可能です。

また事前に募集要項に目を通していただくことをお願いします。

②書類提出

見学後、下記の提出書類をダウンロードし、記入しましたらメールでお送り下さい。

締め切りは面接日の2日前の正午です。

③面接

面接日は決まり次第お知らせします。希望の日程を教え下さい。

④入舎

見学の予約