信愛学舎とは

信愛学舎は公益財団法人 早稲田大学基督教青年会(早稲田大学YMCA)が運営する学生寮です。現在、早稲田大学をはじめとする都内の大学生男女合わせ13名が共同生活をしております。

寮生活

授業期間中は毎朝舎生全員で朝食をとります。キリスト教を基盤にしている寮なので、ここで10分くらい聖書箇所を輪読します。報告事項を共有したり雑談しながら1日を始めます。早稲田大学の学生は20–30分前に寮を出れば、授業の席を確実に確保できます。1限目の授業を受講していても8時半までに出れば大丈夫です。電車での通学ではないので、電車の遅延は影響ないです。大学に近いので、昼ごはんは寮に戻って食べる人もいます。夕飯は各自で用意してます。舎生の何人かで一緒に作ることもあります。キッチンが交流の場になってます。業務用のキッチン設備が整っているので、オーブンでパンを焼いたり、スイーツ作りもできます。設備については設備紹介のページをご覧ください。

定例会議や聖書研究、読書会、映画会、夏合宿、クリスマス会などの行事があり、舎生同士で興味や考えを共有する機会が多いです。共に成長できる場です。学生三役と他の先輩方が慣れない新生活をサポートします。

家賃

  • 舎費・・・・35,000円(1ヶ月)
  • 共益費・・・・5,000円(1ヶ月)※
  • 入舎費・・100,000円(入舎時のみ)
  • YMCA年会費・3,000円(年額)

※共益費は今後、年500円ずつ値上がりする予定です。(2021年度…5,500円)
※各個室の光熱費は実費で計算した額を別途徴収いたします。(月1,000~2,000円程度)

朝食

信愛学舎では、週替りで舎生が毎日朝食を作ります(土日祝日、長期休暇中は除く)。そのため上記とは別途で毎週500円ずつ徴収します。また、昼食や夕食は提供していないので各自で用意してます。


寮生活の決まり

信愛学舎は学生が中心となって運営する自治寮です。入寮される際は、以下の決まりに従って生活してもらいます。

①寮行事は原則として学業の次に優先すること

各行事は事前に全寮生で日程調整を行います。また、冠婚葬祭や部活の大会、就職活動といった学業以外の事情で寮行事を欠席せざるを得ない場合、舎生会での報告が必要です。

(任意参加の行事もあります。)

寮行事について

②共同生活のルールを守り、寮生としての責任を果たすこと

寮生全員が定めた共同生活のためのルール(舎則)を守ってもらいます。舎則の詳しい内容は見学時にご説明いたします。また、門限はありませんが、朝食には参加していただきます。

③四年間在寮すること

原則途中退寮は認められておりません。また、在学中に長期留学の可能性がある場合は、入寮前にご相談ください。


2020年度
新入舎生募集

YMCA活動に精力的に活動してくれる方を募集中!

学生寮への入舎を希望される方は、①事前の見学、募集要項の確認②エントリーシート等の書類の提出をいただいたうえで、面接を受けていただく必要があります。

受験資格

  • 都内の大学に通う予定の方
  • 新学部1年生
  • 女性
  • 地方優先
  • 日本語でのコミュニケーションが可能

Students entering the dorm must be able to participate in meetings and activities; therefore, conversational Japanese is required.

※ 現在男性フロアの空室がないため、女性のみの募集を行なってます。


入舎までの流れ

①見学

まずは見学に来て下さい。現舎生が寮を案内します。見学は随時承っています。面接日の前に状況が困難な場合、面接当日の見学が可能です。

また事前に募集要項に目を通していただくことをお願いします。

②書類提出

見学後、下記の提出書類をダウンロードし、記入しましたらメールでお送り下さい。

締め切りは面接日の2日前の正午です。

③面接

面接日は決まり次第お知らせします。希望の日程を教え下さい。

④入舎

見学の予約