舎監宅解体のお知らせ

2022年10月17日

早稲田大学YMCA関係者の皆様へ

早稲田大学YMCA「舎監宅」解体のお知らせ

公益財団法人早稲田大学YMCA
業務執行理事 李明生

日頃より早稲田大学YMCAを憶えてお祈りとお支えを賜り、心より感謝申し上げます。

かねてより理事会・評議員会では、老朽化が進んでおりました早稲田大学YMCA「舎監宅」について対策を検討してまいりました。早稲田大学YMCA会館・信愛学舎については、2013年に耐震補強・老朽化対策工事を実施いたしました。皆様のご支援に感謝申し上げます。しかしながら完成から60年近くを経過した木造建築である「舎監宅」に関しては手つかずのまま、取り組むべき課題として残っておりました。

そのような中2022年度に入り、建築業者等を交えて検討を重ねた結果、6/25(土)に行われた早大YMCA理事会において、評議員も陪席の元で、「舎監宅」の解体を決定することとなりました。

「舎監宅」は早稲田大学YMCAと関わりの深い奈良信設計事務所による設計であり、関係者一同にとって大変愛着の深い建物です。しかしながら、既に60年近くを経過した建物は経年劣化が著しく、継続して利用するためには大規模な補修が必須であること、敷地の保守管理上そのまま保存することも困難であること等の理由から、解体もやむなしという苦渋の決断をすることとなりました。
なお解体後の跡地については、早稲田大学YMCA・信愛学舎運営のための収益事業として、駐車場として再整備し活用される予定です。
解体工事は10/31より開始される予定です。

大変寂しいことではありますが、関係者の皆様にはどうかご理解賜りますようお願い申し上げる次第です。
どうぞ引き続き、早稲田大学YMCAへのご支援をお願い申し上げます。

主の平和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です